おっぱいな夏休み3

おっぱいな夏休み3 アダルト同人誌

おっぱいな夏休み3
おっぱいな夏休み3
おっぱいな夏休み3
おっぱいな夏休み3
おっぱいな夏休み3
おっぱいな夏休み3
おっぱいな夏休み3
おっぱいな夏休み3
おっぱいな夏休み3
おっぱいな夏休み3

僕の家の隣には、叔母の苗子(なえこ)さんが住んでいる。
お母さんと一つしか違わない31歳なのに、
いつもキレイで、せっけんの香りがして…。
僕はいつも苗子さんでオナニーばかりしていた。

ある日偶然道ばたで苗子さんと出会った僕は、
買い物の手伝いがてら、苗子さんの家で休憩させてもらうことに。
そこで苗子さんがあまりにも無防備すぎて…僕は思わず襲いかかっていた。

最初は止めようとしていた苗子さんも、最後は僕を受け入れてくれて、
それからというもの、毎日苗子さんの家にお邪魔しては
甘えながらせっくすさせてもらっていた。

—–(ここまでが前々作「おっぱいな夏休み」の話です)—–

「トオルくん」「今度私とお出かけしない?」
「おでかけ…?」

苗子さんが福引きで当てたチケットで、
苗子さん、僕、僕の両親の4人で
施設型リゾートホテルにお泊まりすることに!

巨大プールで二人っきりになった僕と苗子さんは、
周りの目から隠れながら…。

—–(ここまでが前作「おっぱいな夏休み2」の話です)—–

叔母の苗子(31歳)と甥の男子の、真夏の汗だくセックス78P作品です。

作品名:おっぱいな夏休み3
作者名:三崎
SNS:twitter

タイトルとURLをコピーしました