スポンサーリンク
スポンサーリンク

無花果様の、仰せの通りに

無花果様の、仰せの通りに アダルト小説

夫の見ている前で快楽に喘ぐ若妻

夫・慎一郎とともに実家の村に帰郷した京香は
因習により、村の神事に参加することに。
その神事とは夫婦の模倣による性交のことで――。
「今は夫のことは、言わないで……お願い……」
やがて神事の行われる社へと迷い込んだ慎一郎は、
自らの妻が抱かれる姿を目撃するのだが……。

日常に密着したエロス、リアルな舞台設定で送る官能小説レーベル第198弾!

<登場人物>
●瀬戸 京香(せと きょうか)
スレンダーだがしっかりと主張する巨乳を持った美人妻。職場では鉄壁の才女とも言われるほどのキャリアウーマン。

●瀬戸 慎一郎(せと しんいちろう)
京香の夫。温和な性格で、主夫として妻を支えつつ、絵本作家としても活動中。

●御手洗(みたらい)
京香の年上の部下。固太りで、覇気のない男。

●御手洗 孝介(みたらい こうすけ)
御手洗の弟。やせ型の金髪で、兄と違って社交的な性格。

<目次>
プロローグ 日常と幸福
第一話 帰郷と奇習
第二話 欺瞞と憤懣
第三話 快楽と子種
最終話 開花と祝福
幕間 暴走と陵辱

作品名:無花果様の、仰せの通りに
作者名:懺悔(ざんげ)

タイトルとURLをコピーしました